自分語り

未経験でIT・Web業界への転職は想像以上に難しい現実

どうも、やしきです。

IT・Web業界って人気がありますよね。
近年、急激に成長している業界でありながら、人材不足が深刻で、高いITスキルを持っている人材は高く評価されます。

これから手に職をつけたい、って人は未経験でもIT・Web業界へ挑戦したいと思う人も多いでしょう。

私もその一人です。
しかし、現実はそう甘くはありませんでした。

※本記事の結論は実際に3人以上の転職エージェントから話を伺った内容をもとにしています

未経験は大きなハンデ

未経験者の中途を企業が雇うメリットって何でしょうか?

企業が中途で人を雇う理由って即戦力が欲しいからですよね。
未経験のまっさらな人材を雇うのであれば新卒を雇いますよね。
つまり、未経験を雇うメリットがないのです。

それでも企業は未経験者でもポテンシャルで中途採用することがあるかもしれません。
しかし、それは経験者が集まらないような企業です。

すなわち待遇の悪い企業です。
待遇の悪い企業は人の入れ替わりが激しいので常に人を募集しています。
経験者を集めることは困難なので未経験でも歓迎します。

つまり、未経験歓迎の企業は経験者が選ばないような企業なのです。
そんな企業に未経験者をじっくり育てる体力があると思いますか?

もちろん未経験者と経験者が面接にやってきたら未経験歓迎の企業でも経験者を採用しますよ。

ですが、経験者が集まらないので未経験者を歓迎しているのです。

未経験でWEB・IT業界に転職するには経験者が働きたくない企業を選ばないと難しいということです。

未経験からWEB・IT業界に転職する方法

とは言っても、未経験からWEB・IT業界にチャレンジしたい人もいるかと思います。
その方法は主に2つあります。

次の転職を考えて転職する

転職先はあくまでも踏み台として考えます。

未経験からいい待遇の企業や自分のやりたいことができる企業への転職は絶望的です。

でしたら、経験を積めばいいのです。

まずは未経験でも募集している企業に転職して2~3年勉強します。
たとえ給料や仕事に不満があっても修行だと思って我慢します。
むしろ給料をもらいながら勉強させてもらっている、といった社畜魂を見せましょう。

何でも良いので一つ成果を出せた時点で、再び転職活動をします。
1社目で磨いたスキルを武器に自分が本当にやりたいことができる企業に転職します。
今度は未経験ではなく、経験者として転職活動ができるので選択肢も広がるはずです。

したがって1社目の転職先は給料や休日数よりもどんなことが学べるのかを考えながら選ばなければなりませんね。

実績を作ってから転職する

未経験なら独学で実績を作ればいいのです。

Webマーケティングに挑戦したければ、自分でブログをやってみてPVを上げてみる。
プログラマーになりたければ独学、もしくはスクールに通ってサイトを作ってみる。
デザイナーになりたければココナラでイラストを売ってみる。

最初は大した実績にはなりませんが、ゼロとイチでは未経験でも評価に天と地ほどの差があります。

「ライターになりたい!」って未経験の人が一度もライティングをしたことがなければ「本当にライターになりたいの?」ってなりますよね。

たとえ1件500円の低単価な案件でも100件の実績があれば企業もライターへの熱意を評価してくれます。

未経験者はいかに経験の無さを熱量でカバーするかが肝ですから、実績をつくることは大切です。

未経験は採用されない

結論はこれですね。
結局のところ本当の未経験者は採用されません。

当たり前の話ですが、未経験ってことは今までのスキルレベルがゼロにリセットされるわけですからね。

報酬もゼロからスタートです。

それでも挑戦したいって方は覚悟を決めて転職する必要があります。

あなたにはその覚悟がありますか?

【5月病】社会人2年目だけど転職活動を始めます社会人2年目に突入しましたが転職活動を始めます。 今では第2新卒で転職される方も多いので、2年目で転職活動も珍しくありませんね。 今...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です