ファイナンシャル・プランニング(FP)は英語のお金の仕組みを学ぶのに最適な試験である

どうも、やしきです。

先日、ファイナンシャル・プランナー(FP)3級を受験しました。
最初に断っておきますが、僕は金融業界に勤めているわけでもなく、ましてや本業で使用する資格でもありません。
もちろん、金融業界に転職したいわけでもありません。

では、なぜFP3級を受けたのか?
FP3級を受けるメリットは何か?
説明していきます。

FPを学ぶ理由

結論から言えばお金について基礎から学びたいと思ったからです。

僕はお金に対して強い欲求があります。
毎日豪華な食事をして広い豪邸に住んで高級車に乗り回して…といった生活に憧れはありませんが、好きなときに好きなことができる時間が欲しいです。

そういった時間をつくるにはお金が必要です。
時間をつくるためにお金持ちになりたいのです。

だから今もこうして必死に働いているのですが…
気づいてしまいました。

やしき
やしき
お金が欲しいのにお金のことを全然知らない

これはイカン…
ってことでお金の勉強にを始めようとしたのですが、何からやればいいのか分かりません。

本屋のマネー本を漁れば

「老後に困らない資産運用!」
「年収200万でも1000万貯められる方法!」
「生命保険は無駄!入る必要はない!」

みたいな本がいくらでも出てきます。

この手の本はお金に疎い人でも分かりやすく、お金で損しないようなノウハウが紹介されています。

ですがお金に疎いからこそ本に載っている情報を鵜呑みにしてしまう危険性もあります。

「生命保険はボッタクリ商品だ!」
「持ち家は負債だ!」

なんて言われても、お金を知らなければ本に書いてあることをそのまま信用するしかありません。

「持ち家は負債だ」と本を読んで鵜呑みにするよりもお金の知識を持ったうえで理解するのでは天と地の差があります。

前者は自分の頭で考えることを放棄して思考停止していますよね。

お金の基礎知識がないままマネー本を読み漁っても正しく情報の取捨選択ができないのです。

 

だから僕はお金に対する基礎知識を学ぼうとしました。

しかし、お金の歴史から学んでいてはあまりにも時間がかかってしまう。
できれば実生活に役立つ知識を身に着けたい。

そこで行きついたのがファイナンシャル・プランニングだったのです。

FPで何を学べるのか?

f:id:yashikihomes:20190528221047j:plain

日本FP協会によるとファイナンシャル・プランニング、およびファイナンシャル・プランナー(FP)を下記のように説明しています。

人生の夢や目標をかなえるために総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法を「ファイナンシャル・プランニング」といいます。ファイナンシャル・プランニングには、家計にかかわる金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など幅広い知識が必要になります。これらの知識を備え、相談者の夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートする専門家が、FP(ファイナンシャル・プランナー)です。

人生の夢や目標をかなえるための資金計画を立てる、とあるようにファイナンシャル・プランニングに必要な知識は実生活に密着したものです。

とくにFP資格は税金の税理士や不動産の宅建のような特定の分野に特化しておらず、ライフプランに関するところは広く網羅しています。

FPを勉強をすればお金の知識を習得し、かつ実生活に生かせそうじゃないですか?

FPではあくまでもお金の制度について中立的に学ぶので、マネー本のように知識が偏ることもありません。
(FPでは〇〇の制度を使えばお得!といったことは学びません)

お金の制度を知っているからこそ、マネー本の知識も「なるほど」と納得して理解することができると思うのです。

FPの資格は独占業務がないにもかからわず、ユーキャンの資格人気講座ランキングでは上位であることから、お金の勉強をしたいという人に人気があるのだと伺えますよね(2019/05/27現在5位)。

f:id:yashikihomes:20190527214022p:plain

では具体的にFPでどんなことを学べるのか紹介していきましょう。
FPでは下記6つの分野に分かれて幅広く学習します。

ライフプランニングと資金計画

ライフプランニングの手法や社会保険について学びます。
ここでは公的年金の制度や失業保険、高額医療費制度など生活する上で知っているとお得な制度について学ぶことができます。

社会保険がいかに充実して使える制度なのかよく分かります。
「生命保険に入る必要がない」という主張も社会保険を知っているか否かで捉え方が全然違いますね。

リスクマネジメント

リスクマネジメントでは基本的な保険会社の仕組みや生命保険・損害保険について学びます。

保険は人生で2番目に大きい買い物と言われているので保険販売員でなくても基本的なことは抑えておきたいところです。

何も保険について知らなければ営業の言われるがままに保険を契約させられるだけなので…

金融資産運用

資産運用の種類について学びます。

株、債券、投資信託、デリバティブ取引など幅広く学べます。
GDP、CI、DI、PER、PBRなど横文字が多く出る分野でもありますね。

ここを抑えておけば日経新聞やマネー記事を読んでいて分からない単語は激減するでしょう。
これからは個人で資産運用していく時代なのでぜひとも学んでおきたいトピックスです。

タックスプランニング

会社員をやっていると、どうしても疎くなりがちな税金。
ここでは主に所得税に関することを学んでいきます。

よく経営者やフリーランスの方が「経費で落とす」と言われていますが、その意味がよく分かるようになります。
あれは税金対策なんですよね。では具体的にどう対策されているのか?

…などなど学べます。

会社員でできる節税対策は多くありませんが、今後副業で稼いでいきたい方はタックスプランニングを学んで損はありません。

不動産

基本的な不動産の法令から住宅ローンに税金などが学べます。
将来、家が欲しい人は勉強しておきたいところです。

家を買わなくても、「賃貸VS一戸建てVSマンション」どれが一番お得か検討するときにも役立つこと間違いありません。

特に不動産に係る税金の控除は色々とあるので知っておかないと損することになります。

相続・事業継承

相続はまだ先になるからいいや
とは言わずに先に学んでおくと後々面倒ごとは回避できます。

遺産相続は親族間でトラブルになりやすいですからね。

また相続は税金も馬鹿にならないので相続税に係る控除も知っておかないと損することになります。

FPになってもお金持ちにはならない

FPはあくまでもお金の基礎知識です。
FPになってもお金持ちにならないし稼ぐこともできません。

しかし、お金のことを知らないのにお金持ちになることもできません。

お金に困らない生活をするにはまずお金について勉強して、賢くお金を使う必要があります。

お金が好きな方はFPを学んでみてはいかがでしょうか?

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です