生活

テレビはいらないのか?テレビを手放すデメリットはある。

テレビを手放して半年以上が経過しました。

当時はテレビをまったく見なかったので、家に置いていても邪魔だし、見ないならもったいないな~と感じてメルカリで売却しました

テレビを手放して感じたことは「無ければ無いで何も困らない」、ってことです。

部屋も広く感じるし、掃除が楽になりました。

今まではとりあえずテレビをつけっぱにして過ごしていましたが、現在はテレビがないので無駄にテレビで時間を浪費しなくなりました。

一方でテレビが無いことで不都合な点も表れました。

テレビを手放すメリットを紹介する記事は数あれど、デメリットについて語られる記事は少ないので、今回はテレビを手放したことによるデメリットについて紹介します。

結論:好きな番組が見られない

最大のデメリットは表題の通りです。

好きな番組が見られないことが一番のデメリットでしょう。
逆に言えば、好きな番組が無ければテレビを手放すデメリットはほとんど無いと言えます。

ちなみに好きな番組がネット配信されていれば、スマホやパソコンから見られるのでテレビは必要ないですね。

ですが、動画配信サイトはお金がかかるので、そうまでしてテレビを手放す必要があるかは検討の余地があります。

 

やしき
やしき
ちなみに僕の場合は…

僕は仮面ライダーが大好きで毎週かかさず見ていたのですが、テレビを手放したら仮面ライダーを見ることができません。

ドラマもアニメもバラエティ番組もほとんど見ませんでしたが、仮面ライダーだけはどうしても見たかったのでテレビを手放すか考えました。

 

結果、テレビを手放して仮面ライダーが見られる動画配信サイトに登録しました。

月額600円はかかるので正直安くはないです。

テレビを売った利益より月額動画配信サイトの維持費のほうが後々高くつきます。

 

ですがテレビを売ることで得られるメリットが大きかったので、以上のような手段を取りました。

もしあなたが毎週かかさず見ているテレビ番組があるのであれば、テレビは手放さないほうが良いかもしれません。

結局、買い戻すことになるかもしれませんから。

 

意外と困らない点

好きなテレビ番組を見られないことが最大のデメリットですが、それ以外のデメリットはほとんどありません。

ここでは一見デメリットに思えるけれど、困らない点についてご紹介します。

 

ニュースが確認できない

一見、不便にも思えますが、スマホがあればいつでもニュースが確認できる時代になりました。

災害情報もYOUTUBEのニュースチャンネルがリアルタイム配信してくれますし、ローカルな情報もググればすぐに知ることができます。

テレビを持っていたころは朝一でニュースを欠かさず見ていましたが、無ければわざわざ見ません。

そもそも大抵のニュースは自分には関係ありません。

不要な情報のインプットで貴重な朝の時間を無駄にするくらいなら読書でもしていた方が有意義でしょう。

(とはいえ、ついついスマートニュースやLINEニュースで時間を浪費してしまうのですが…)

流行りの話題についていけない

アニメやドラマ、俳優の話にはついていけません。

あとはお茶の間を騒がせるような話題も全然入ってきません。

まあ、もともとアニメ・ドラマを見ない人なら問題ないでしょう。

もし口コミが気になるようでしたら、動画配信サイトで見ましょう。

話題作ならHuluやNetflixで配信されることが多いので登録しておけば流行りに遅れることもないです。
(お金はかかりますが)

芸能界の話題についても自分にはまったく関係ない話題がほとんどですし、興味がない話題についていく必要もないので、問題ないです。

ただ会話の切り口としてネタが少なくなることは事実ですので、世間話についていくのが難しくなるかも?

(そもそも最近はテレビの話題で世間話をすることも少なくなりましたが)

 

テレビを手放すメリット

最後にテレビを手放すメリットを紹介しておきます。

部屋が広くなる

個人的には最大のメリットです。

テレビは場所をとる家電です。

テレビだけではなく、テレビ台やテレビを見るための椅子・ソファが必要になります。

一般的な一人暮らしの場合、1Kの部屋にベッドとテレビを設置すると大半のスペースが埋まってしまいます。

部屋が狭くなると生活も窮屈になり、掃除も大変です。

 

テレビを置かないだけで部屋は一気に広くなるので、テレビが置物と化しているのなら撤去することをオススメします。

テレビに時間を使わなくなる

なんとなくでテレビを見ていた人はテレビが無ければその分、時間ができます。

その空いた時間をどう使うは本人次第。

勉強や副業に集中するためにテレビを手放す!
と意気込んでも、結局YOUTUBEを見ていたら意味がないので気を付けましょうね。

NHK料金を支払わないで済む

NHKの契約や料金の支払いについては色々と話題になっていますが、少なくともテレビが無ければ堂々とNHKにお金を払わなくて済みます。

テレビを設置していないければNHKと契約する義務はありませんからね!

 

まとめ:テレビを買う前によく考えよう

そもそもテレビを持っていない人はテレビが本当に必要か感考えましょう。

すでに持っている人は流行りのミニマリズムに乗せらるのではなく、本当に手放すメリットがあるのか考えましょう。

ちなみに僕はテレビを手放してよかったと思っていますが、独身だからそう感じるのかもしれませんね。

ではまたー

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です